インフォメーション

2020年6月23日

【日本歯科衛生士会からの情報】DH-KEN 無料公開 歯科衛生士のためのCOVID-19 正しい知識と対応

2020年1月、日本においても、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が発生し、その拡大・長期化により、人々の働き方や生活などが急速に変わっています。

このような中で、本会に対しても歯科衛生士やその家族から、診療室において今まで通りの業務を行うことへの不安な声も多数寄せられています。
そこで、本会とデンタルダイヤモンド社では、この不安を払拭するために、eラーニングを活用して、「新型コロナウイルス感染症に対する正しい感染対策」についての啓発を至急行いたいと考えました。
日本歯科医師会に相談したところ、日本歯科医学会連合において新型コロナウイルス感染症対策のリーダーである「小林隆太郎先生」をご紹介頂きました。
この度、企画から撮影、そして皆様にお届けするまで1か月を切るスピードで準備を行いました。
小林隆太郎先生は、日本歯科医学会、日本歯科医学会連合、厚生労働省などからの依頼の仕事もされており、今回の内容は、新型コロナウイルス感染症に対する感染管理の最新情報であり、日本のスタンダードであります。歯科衛生士が職場で感染対策についてeラーニングを通して歯科医師等に相談頂いても齟齬がない先生にお願いしました。
今後、無症状感染者への対応を含めた感染防止策が重要であり、歯科診療や口腔健康管理をいかに安全かつ安定的に継続していけるかが大きな課題です。
本eラーニングを通して、診療室の皆様と、今後どのようにしたらさらに安全・安心な歯科診療や口腔健康管理ができるかについて、知恵を出し合い、実践頂けますことを願っています。



詳しくはこちら

インフォメーション 一覧

  • 日本歯科衛生士会