TOP » 活動報告

活動報告

2017年6月15日

活動報告

北支部活動報告「入院、リハビリにおける口腔ケアの在り方」

日時:514()  10:0012:00

場所:北九州市歯科医師会会議室

講師:九州歯科大学教授 柿木保明先生

「入院、リハビリにおける口腔ケアの在り方」

 

講演を聞かれた方の感想です。

Hさん

柿木先生のお話は何度聞いても新しい発見や気づきがあり、とても勉強になります。それなのに研修会の雰囲気が堅苦しくないのは先生のお人柄のせいでしょうか。今回も、期待を裏切らないとても興味深い研修会でした。

実際に入院していた際のエピソードや、患者の立場になったことで感じる適切な道具の選択と口腔ケア・口腔粘膜の保湿の重要性についてのお話は深く心に突き刺さりました。

さらに、病態を理解することの大切さや病態に応じた義歯の調整の必要性、服薬しているお薬の理解、漢方やアロマセラピーの活用などなど。歯科衛生士として身につけるべき知識がまだまだたくさんあることを感じる研修となりました。

次回の研修会が待ち遠しいのはきっと私だけではないと思います。

ありがとうございました。

 

Sさん、Nさん

今回の講演で話題にあがった漢方について、今までほとんど知識がありませんでしたが、様々な効果があり、現在広く使用されてきているということを知り、さらに詳しく勉強したくなりました。患者さんの身体の状況を把握し、口腔内も含め全身の管理のために漢方を提案していくことが、これからの歯科衛生士にも求められると思いました。多方面でご活躍されている柿木先生のお話を聴くことができ、とても勉強になりました。またこのような機会がありましたら、積極的に参加したいと思います。

Photogallery

フォトギャラリー1





» 活動報告一覧へ戻る

ページの先頭へ